スタッフ紹介

サロンオーナー柴田 亜美

当サロンの施術者 小林雄祐さんは、『毎日歯を磨いているのと同じように、一番酷使している体もケアしてあげなければいけない。』と言います。

ワタシ達は日々の忙しさに追われ、一番向き合わなければいけない自分自身の体を放ったらかしにしすぎているのではないでしょうか。

デビュー作の『南国少年パプワくん』がTVアニメ化されてから仕事量が倍増し、40時間以上起き続け4時間眠るという日々を20年以上送りました。 重なる〆切のストレスから、不眠症になったり、拒食や過食を繰り返し、肉体的にも精神的にも本当にボロボロでした。

39歳の時にホルモンバランスを崩し、いきなり10kgの激太りをしてしまいました。醜い体を見られたくないために、人前に出るのを避けるようにもなりました。

44歳の時にこのままでは一生デブのままだと一念発起して、今までの食事をすべて見直し、さらにジムで筋トレを始めました。その結果、14kgの減量に成功し、46歳の時に【46歳人生で一番ナイスバディになりました】というダイエット本を出版するまでに至りました。

しかしその後は数kgのリバウンドを何度も繰り返し、体重を戻すために過度なトレーニングで逆に体を痛めたりもしました。

そんな時に出逢ったのが、当サロンの施術者 小林さんのボディケアです。

それまでダイエットは【食事】と【運動】と思い込んでいたワタシに、自分自身の体をいたわり整える【マッサージ】の重要性を教えてくれました。それ以後はトレーニングの倍以上の時間をマッサージに費やし、筋肉の疲労だけでなく、長年の漫画家生活での体の歪みも整えてもらいました。

そして49歳(※2016年11月現在)の今が、過去よりも格段に良いプロポーションとなりました。

一番大切である自分の体をケアし続けること。それが心と体を整え美につながることになるのです。

ボディセラピスト・柔道整復師小林 雄祐

私が今まで数千名のお客様の身体をケアしてきて感じた事

それは身体と心は大きな繋がりがあるという事です。
さらに、心は仕事や人間関係、私生活面にまで大きな影響を及ぼします。

サロンオーナーの柴田亜美さんのケアを担当させて頂いた当初は今と比べものにならない位の酷い状態でした。
長年の不良姿勢によるお体の歪み、異常な筋肉の盛り上がり…

正直、本当に良くなるのか不安になった時もありました。
でも、諦めずにケアを続けていった結果、今があります。

そんな状態から今の状態にまでするのにはある程度の時間は要しましたが、今回の経験による収穫は沢山ありました。

それは、必ず変えられるという強い信念を持ち、諦めずに継続し続ければ "人の身体は変わる事が出来る" という事です。

変わったのは身体の歪みだけではありません。

漫画家さんから美容家さんへの一歩を踏み出す後押しをさせて頂いた事、更に人間性も変わられていかれました。

私はこの件をきっかけに、身体と心、そして仕事や人間関係すらも繋がっているという事が確信へと変わりました。

私はお客様のお身体のケアを通して、人生もいいものに変えて頂く事をモットーとしています。

身体を整えるのがゴールでは無く、その先のお客様が幸せを掴んで頂く事がゴールです。

ただ、その場で気持ちよくなるだけでは無く、お客様ひとりひとりに合わせた丁寧なケアをさせて頂きます。
宜しくお願い致します。