スタッフ紹介

サロンオーナー柴田 亜美

毎日歯を磨いているのと同じように、一番酷使しているカラダもケアしてあげなければいけません。

ワタシ達は日々の忙しさに追われ、一番向き合わなければいけない自分自身の体を放ったらかしにしすぎているのではないでしょうか。

デビュー作の『南国少年パプワくん』がTVアニメ化されてから仕事量が倍増し、40時間以上起き続け4時間眠るという日々を20年以上送りました。 重なる〆切のストレスから、不眠症になったり、拒食や過食を繰り返し、肉体的にも精神的にも本当にボロボロでした。

39歳の時にホルモンバランスを崩し、いきなり10kgの激太りをしてしまいました。醜い体を見られたくないために、人前に出るのを避けるようにもなりました。

44歳の時にこのままでは一生デブのままだと一念発起して、今までの食事をすべて見直し、さらにジムで筋トレを始めました。その結果、14kgの減量に成功し、46歳の時に【46歳人生で一番ナイスバディになりました】というダイエット本を出版するまでに至りました。

しかしその後は数kgのリバウンドを何度も繰り返し、体重を戻すために過度なトレーニングで逆に体を痛めたりもしました。

そんな状態の中、たどり着いたのがボディケアの重要性です。

それまでダイエットは【食事】と【運動】と思い込んでいましたが、自分自身の体をいたわり整える【ボディケア】がいかに必要かを知りました。

それ以後はトレーニングの倍以上の時間をボディケアに費やし、筋肉の疲労だけでなく、長年の漫画家生活での体の歪みも整えました。